戻る
次へ

2017年2月11日(土)、東京・TABLOIDにて、
CHEVROLET CAMARO Garage Days 2017 を開催

当日はALL NEW シボレー カマロの実車を一般初公開、たくさんのお客様にご来場いただきました。

東京特設会場となった「TABLOID」。
晴天のもと、エントランスでは第2世代シボレー カマロが皆さまをお出迎えいたしました。

一般初お披露目のシボレー カマロ コンバーチブル。
室内にあるボタンひとつでトップの開閉ができます。トップを閉じても、なめらかなルーフラインを維持。
洗練されたエクステリアをご覧になり、クーペご購入を検討されていたお客さまが、「コンバーチブルも良いなあ」と迷われていました。

  

 

歴代カマロのDNAを受け継ぎつつ、進化した室内空間。
質感を高めるとともに、最新インフォテイメントや24色のアンビエントライトなどを導入しています。
多くのお客様に、話題のAppleCarplay / Android Autoに大変ご興味をお持ちいただいたようです。

 

 

やはり注目を集めたのは、シボレー カマロ SS です。

すべてが新設計されたALL NEW シボレー カマロ SS は、パフォーマンスの核となるパワーユニットに歴代で最もパワフルな6.2L V8 LT1エンジンを搭載しています。
エンジンルームに鎮座するカマロの心臓部にお客様がじっくり見入っていらっしゃいました。

  

 

「ALL NEW シボレーカマロ カスタムプレオーダーキャンペーン」にてご予約いただいた先着400名のお客様に差し上げるプレゼント、
「Hotwheels カマロ 50th アニバーサリーアソート」。歴代のシボレー カマロや限定車のミニカー8台がセットになった特別パックです。

会場にはシボレーカマロの「ヒストリーエリア」もご用意いたしました。
第1世代から第6世代のグラフィティや、それぞれの世代の懐かしい写真や映像、エピソードをご覧いただきました。

 

 

Hotwheelsのミニカーの展示や、BOSEのスピーカーやイヤホンを体感いただけるブースも開設いたしました。
ALL NEW シボレー カマロにはBOSEのプレミアムオーディオシステムが搭載されています。
クーペには9つ、コンバーチブルには8つのスピーカーが装備されており、臨場感あふれるサウンドをお楽しみいただけます。

  

 

ALL NEW シボレー カマロのパフォーマンスをバーチャルで体感できるドライビングシミュレーターも設置。リアルなフィーリングに皆様盛り上がっていらっしゃいました。

ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。