シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1oo YEARS OF ICONS

HISTORY
シボレーの歴史

2011年11月3日、
シボレーは100周年を迎えました。

「シボレー」の名は、創業者であるスイス生まれのレーサー兼エンジニアであるルイ・シボレー(1878-1941年)に由来しています。1911年 11月、米国・デトロイトのダウンタウンに近いレンタル・ガレージで初代シボレーが誕生し、以後、世界のあらゆる地域にその名が知られていくことになりま    す。
シボレーは、その後100年間で、2億900万台を超える乗用車・トラックを生産し、世界140数か国で販売される世界有数の力一・ブランドの一つに成長しました。
日本での歴史も古く、1920年代から30年代にかけて、大阪でシボレーが製造されていました。 当時の製造と販売に携わったメンバーは、その後の日本国内自動車産業の礎を築いています。 日本においてシボレー・ブランドは、「コルベット」や「カマロ」などアメリカを象徴するアイコン・カーを日本市場に提供してきました。 2011年、7月30日には、7シーターSUV「シボレー・キャプティバ」を販売開始、さらに、11月12日には、ワイルド・コンパクト「シボレー・ソ ニック」が発売されます。
100周年を迎えたいま、アメリカの「パッション」と「実用性」を兼ね備えたブランド、シボレーの1世紀を訪ねてみましょう。

 

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 100 YEARS OF CHEVROLET

『シボレー』のロゴマークの由来

世界的に知られているシボレーの「ボウタイ(蝶ネクタイ)・ロゴ」は、1913年後半に、シボレーの共同設立者であり、GMの創設者であるウィリアム・C・デュラントによって採用されました。
しかしながら、このボウタイが、どのようにしてシボレー・ブランドのロゴマークとして採用されたのかは、さまざまな説があります。 そのうち4つの説をご紹介します。

そ の1つは、デュラントが、滞在先のフランス・パリのホテルの壁紙のデザインからインスピレーションを得たという説です。 1961年にシボレーから出版された「シボレー・ストーリー」に、「1908年当時、世界中を飛び回っていたデュラントは、あるフランスのホテルの壁紙の デザインの中に、視点を無限の彼方へといざなう模様を発見した。
彼は、その壁紙を一枚剥いで取っておき、友人に見せることにした。 それが、車のネームプレートに相応しいデザインになると考えたからである」という記載があります。
2 つ目は、1929年、デュラントの娘であるマージェリーは、「My Father (父)」というタイトルの本を出版しました。 その中に、時々、デュラントが、ディナー・テーブルで、複数の紙片にネームプレートのデザインをとりとめなく描いており、その中の一つに、ボウタイのス ケッチがあったという記述があります。
3つ目は、1986年、デュラントの未亡人キャサリンのインタビュー記事にボウタイにまつわる話が登場して います。 デュラント夫妻が、1912年に休暇中のホテルの部屋で、デュラントが新聞を読んでいる時、あるデザインに目をとめ、「これはシボレーのとても良いエンブ レムになる」と彼が叫んだと話しています。 その時、夫人は彼が何を見て叫んだかわりませんでしたが、後に歴史家ケン・カウフマンは、当日新聞に掲載されていた広告、着火用の精製燃料製 「Coalettes」の広告からヒントを得たのでないかと語っています。
最後の説は、1878年のクリスマスにスイスで 生まれたルイ・シボレーが、スイス国旗の十字の図案からデザインのヒントを得たという説です。

正しい由来がどれであろうとも、シボレー設立から数年後に、シボレーのロゴマークとして、ボウタイが採用されることになります。 ボウタイが、シボレー・ブランドのシンボルとして、初めて広告に使用されたのは「The Washington Post」の1913年10月2日付に掲載されたものです。 このシボレーのボウタイの彩色と細部は、1913年後半以来、数十年にわたって多くのバリエーションが使われてきましたが、基本的な形状はまったく変わっ ていません。
2004年に、シボレーは、全世界で販売されているすべての車種に現在のシボレー・ブランドのアイデンティティとして、ゴールド(金色)のボウタイを使用し始めました。 これにより、すでに世界で最も認知されている自動車ブランドのエンプレムの一つになっていたシボレー・ブランドのロゴマークが、さらにパワーアップされる ことになりました。

 

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー シボレーの「ボウタイ・ロゴ」の変遷

シボレー100年の歴史

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1911年「シボレー・モーター・カンパニー」設立

1911年11月3日、スイス生まれのレーサー兼エンジニア、ルイ・シボレーと、ウィリアム・デュラントによって、「シボレー・モーター・カンパニー」が デトロイトに設立されました。創設者のルイ・シボレーの名前を採った「シボレー」の輝かしい歴史は、ここから始まります。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1912年シボレーの第1号車”クラシック・シックス”誕生

初めてのシボレー車となる"クラシック・シックス"を発表。フロントに搭載された6気筒エンジンや、リアにマウントされた3速ギアなど、当時の最新技術が装備されていました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1914年「ボウタイ・ロゴ」登場

現在では世界的に有名になったシボレーの「ボウタイ・ロゴ」。そのデザインは、パリに滞在していたデュラントがホテルの壁紙の模様を見て思いついたと言われていますが、諸説あります。ボウタイ・ロゴは、1914年に初めてシボレー車に付けられました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1916年“490”を発表

2番目のシボレー車となる"490"を発表。当時490ドルという競争力のある価格により、"490"は大成功し、会社の収益を大幅に向上させました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1918年シボレーが「ゼネラル・モーターズ」グループへ

シボレーが正式に「ゼネラル・モーターズ」グループの一員となり、当時会社は創設者でもあるデュラントが2回目の指揮を執っていました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1918年シボレー初のトラックを発表

シボレー初のトラックが発表されました。このモデルは、"490"と1トントラックのシャシをベースに開発された軽量トラックでした。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1927年日本においてGM大阪工場の操業を開始

日本では1927年(昭和2年)に、「日本ゼネラル・モーターズ株式会社」が設立され、GM大阪工場(大正区鶴町)の操業が開始されました。 生産第1号車は、シボレー1トン/1.5トントラックとシボレー4ドアセダンでした。その当時「円タク」と呼ばれていたタクシーの約3分の1は、シボレー 車が占めていました。また、GMは日本においても、アメリカと同様の販売方法つまり、全国にディーラー網を展開しました。その後、GM大阪工場では、第二 次世界大戦(1939年・昭和14年)による操業停止までの13年間にわたり、シボレー他GM車15万台以上が生産されました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1929年6気筒エンジントラックを発表

パワーと頑丈さを強化した、6気筒エンジンのトラックを発表。このモデルは、多くのファンを獲得し、オーナーから"鋳鉄の奇跡"と呼ばれるようになりました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1935年「幌」からスチール製の「チューレトップ」へ

業界初の一体型スチールルーフである、「チューレトップ」が開発されました。これまで自動車のルーフは木枠とキャンバスで作られており、構造とデザインを 損ねる構造となっていました。すべてのGM車に搭載されることになるこのユニークなルーフは、1935年にシボレー全車に採用されました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1935年“サバーバン・キャリオール”が登場

この年、シボレーは郊外移動型のキャリーオール(当時の多目的バン)である、”サバーバン”を発表。0.5トン トラックのプラットフォームをベースにした8人乗り。サバーバンは、現在のSUVへの礎となりました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1942年第二次世界大戦のため、民間向けのシボレー車の製造が一時休止

戦時体制により、兵器や軍用車を製造するため、1942年1月から、乗用車など民間用シボレー車の製造が一時休止されましたが、終戦後の1945年10月に再開されました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1950年初のオートマチックトランスミッションを採用

シボレーは大衆車に初めてオートマチックトランスミッションを採用しました。1950年モデルのシボレー車には、「パワーグライドトランスミッション」がオプションとして装備。また、この年、ハードトップスタイルの"ベルエアー"が登場しました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1953年初代“コルベット”C1が登場

"コルベット"の初代モデルC1が誕生しました。3,850ccのOHVエンジンを搭載し、150psのパワーを持つオープン2シーター。ボディに は量産車としては世界で初めてFRPを採用しました。GMは業界で初めて、スポーツカーを量産し、新しいマーケットを創出したと言えます。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1955年スタイリングの黄金時代の始まり

1955年のラインナップにより、GMが開発したデザインは、アメリカの自動車産業界のスタンダードとなります。現代のカーマニアたちが"スタイリングの 黄金時代"と呼ぶ10年の始まりです。1955年モデルには"ベルエア・2ドア・ハードトップ"、"ベルエア・コンバーチブル"などがあります。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1959年ユニークな“エルカミーノ”を発表

大型車の乗り心地と、ピックアップ・トラックの機能性を組み合わせたユニークなモデル"エルカミーノ"を発表しました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1960年GM初の空冷エンジン採用の“シボレー・コルベア”を発表

GM初となる空冷エンジンを搭載した"コルベア"。エンジンをリアに搭載するなど様々な議論を呼んだ一方、GMの小型車開発の始まりとなった記念すべきモデルです。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1963年“コルベット・スティングレイ”を発表

コルベットの第二世代となる"スティングレイ"を発表。これまでのデザインを一新し、シボレー・コルベットの名前を世界に浸透させる名車となりました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1964年初代“マリブ”を発表

スポーツクーペとコンバーチブルが発売されました。現代のマリブのルーツとなるモデルです。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1967年初代“カマロ”誕生

雄々しい顔立ちと大胆なロープロポーション。その外観にふさわしい豪快なパフォーマンスで、一台のスポーツクーペが衝撃のデビューを果たしました。瞬く間に一世を風靡した"カマロ"のスペックとルックスは、当時の若者にとって、夢であり、憧れでもありました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1970年第二世代“カマロ”デビュー

立体的で力強いフロントマスク、大きなドアとリアスポイラー、そして375hpエンジン。マッシブでスタイリッシュな第二世代の"カマロ"が誕生しました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1976年低燃費の先駆けとなった“ジュビット”を発表

アメリカ市場において、低燃費車の先駆けとなった"シェビット"が登場。オペルによるバージョンもアルゼンチン、ブラジル、イギリスのGM工場で生産されました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1978年“コルベット”がインディ500のペースカーに

発売から25周年を迎えた第三世代の"コルベット"が、インディ500で初めてペースカーをつとめました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1982年“カマロ”の第三世代がデビュー

前モデルよりも7インチ短い"カマロ"は、90-hp 2.5リットル4気筒から165-hp 305-cid V型8気筒までのエンジンを選択することができました。1982年モデルのZ28は、この年のインディ500のペースカーをつとめました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1984年第四世代の“コルベット”がデビュー

デビューから15年のこの年、大幅なモデルチェンジを行い、スポーツカーファンに強烈な印象を与えました。"コルベット"は、マーケットでの確固たる地位を築きました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1987年ピックアップ・トラック“シボレー・C/K”発表

1973年モデルから大幅に刷新されたスリムでパワフルなこのモデルは、ピックアップの新たなラインナップを確立しました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1990年“コルベットZR-1”記録更新

"コルベット ZR-1" が、24時間平均時速(175 マイル)を始めとした、スピード耐久レースの3つの記録を更新。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1992年100万台目の“コルベット”が誕生

ケンタッキー州のボーリング・グリーン工場で、100万台目の"コルベット"が生産されました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー  1993年第四世代の“カマロ”がデビュー

"カマロ"は、この年のインディ500でペースカーをつとめました。この有名なレースのオフィシャル ペースカーとして、4度目の登場を果たしました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 1997年第五世代の“コルベット”が登場

"コルベット"に搭載された5,735cc V8エンジンは、シボレー史上初のオールアルミエンジンブロックを採用。99年式では、新たにアクティブ・セーフティ機構「アクティブ・ハンドリング・システム」を標準装備しました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 2004年第六世代の“コルベット”が登場

400-hp PRO LS2 V8標準エンジンを搭載した"コルベット"の第六世代がデビュー。前国務長官のコリン・L・パウエル氏が、この年のインディ500で新しいコルベットのコンバーチブルをペースカーとして走行しました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 2005年WTCCにシボレーチームが初参戦

世界最高峰の自動車レースの一つ、WTCC(ツーリングカー世界選手権)にシボレーチームが、"シボレー・ラセッティ"で初参戦しました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 2007年先端技術のコンセプト・カー“ボルド”を発表

この年のデトロイト モーターショーにてコンセプト・カーとして発表。"ボルト"には、先進的なデザインと革新的な新技術により、他の電気自動車とは一線を画する充電式電気動力システムが搭載されました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 2007年映画「トランスフォーマー」に“カマロ”が登場

2007年の大ヒット映画「トランスフォーマー」に、黄色いカマロに変身する「バンブルビー」というキャラクターで登場し、大人気を博しました。その後、シリーズ3作目までリリースされています。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 2009年第五世代の“カマロ”がデビュー

"カマロ"の第五世代が登場。最先端テクノロジーにより、7年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたカマロ。そのフロントマスクからは、初代 を彷彿とさせる 力強さ、雄々しさが伝わってきます。また、この年GMの歴史の中で最もパワフルで速い"コルベットZR1"が登場。エクステリアに初めてカーボン・ファイ バーを採用しました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 革新的な充電式電気自動車“ボルド”誕生

GMは、石油に依存しないエネルギー源の多様化、そして、環境負荷の軽減に向けて自動車の電動化に力を入れてきました。E-REV(Extended Range Electric Vehicle:航続距離延長型電気自動車)である"ボルト"は、走行距離、公共充電スタンド等の社会インフラ整備を心配することなく、安心して走れる、 全く新しい概念の電気自動車です。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 2011年“コルベット”がル・マン24時間で優勝

コルベット・レーシングの新しいC6.R ZR1が、ル・マン24時間レースのGTE プロクラスで優勝。2001年以来7回目となるこの勝利は、コルベット・レーシングの初勝利から10年という記念すべきイベントとなりました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 2011年7シーターSUV“シボレー・キャプティバ”日本デビュー

シボレーのSUVの伝統を凝縮したニューモデル"シボレー・キャプティバ"が日本デビュー。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 2011年シボレーチーム、2年連続マニュファクチュアラー・チャンピオンを獲得

WTCC(世界ツーリングカー選手権)の第9戦が、2011年9月4日、スペインのバレンシアで行われ、シボレーチームが2年連続でマニュファクチュア ラー・チャンピオンを獲得。世界最高峰のツーリングカーレースであるWTCCで最も競争力がある車であることが証明されました。

シボレージャパン(Chevrolet Japan) ヒストリー 2011年ワイルド・コンパクト“シボレー・ソニック”日本デビュー

シボレー誕生から100周年を迎える11月、シボレー最新のワイルド・コンパクト"シボレー・ソニック"が登場。